まのん トリニティ固定の準備を進める

おともだち

↑↑↑ 1日1回押して応援!おねがい♡ ↑↑↑

⇐ 前回のおはなしはこちら!

今日で300投稿です!
今日で投稿300回目! 読者のみなさんのお陰で続けられています。いつもありがとぉ☆

・・・3日!3日くれたら誰もが驚くガチ勢になってみせる!

・・・などと言い放って今日がその3日目なのですが、この間に何をしていたかのお話です!

【考察】トリニティで優勝する方法は...!?
まのん、トリニティガチ勢に入門?!どうすれば優勝できるのか、考えてみましたよぉ! シャークくんが☆

この回の続きだよぉ・・・☆


固定を組んで行こうと決意した日が、後半戦初日の9/13(火)

よく見たら後半戦最終日の日曜日19時で終わり、実質的に土曜夜が最終。後半戦、短いよ!

まのん
まのん

これ、3日でガチ勢になれたとしても、そこからメンバー集めてたら間に合わないじゃん!

…ここからいろんな方面で、まのんのチャレンジが始まりました!

まずはメンバー集め!

わたしの事情を知っているデビュー戦のメンバーに声をかけますが・・・今回は後半戦終了まで固定メンバーを組んでもらうというお話。たった1回のお誘いだったデビュー戦とは、訳が違います💦

・・・なんせ自分から誘いなどこれまでほぼしたことがなく、某所でも「ぼっち」と呼ばれるこのわたし。しかも相手の皆さんはブロガーばかり。わたしのブログの企画のために固定メンバーに入ってくれなんて…! メンバーで参加してもらったところで、勝てなかったりしたらその人に風評リスクを負わせてしまうかもしれない…


普段ならとっくに諦めるシチュエーションで、勇気をもってTwitterで声をかけてまわりました。皆さん気軽な感じで応じてくれて・・・一気に精神的負担が軽くなりました。ありがとぉ๐·°(৹˃ᗝ˂)

・・・わたしも気軽に声かけてるように見えると思いますが、実は断られることばかり考えてて心臓ばくばくでした><💦 でもやると決めたんだ。そんなこと言ってらんない!!

・・・デビュー戦のメンバーにチョコネちゃんを加え、アマツの心を持つ6人が集まりましたぁ!
なんで6人かというと・・・固定は5人揃わないと出発できないので、5人全員が集まれるタイミングが限られる中、1人欠けても組めるようにです! あとは疲れたときとかもお休みできるようにね☆

※写真左から!

チョコネちゃん

チョコの日常
チョコネのアストルティア生活を書いていくよ

カスミさん

カスミ心理学研究所
ドラクエ10内で起こった出来事を心理学的...

てぃもちゃん

てぃも忘備録
てぃものドラクエ10忘備録です。知っておくと便利だと思う情報を書いていきます!

こにたソさん

こにのたソがれドラクエ日記
ドラクエ日記でぇーす

コットンちゃん

~徒然なるままに~
    ドラクエ10大好きコットンの冒険日記

中でもカスミさんは、この神がかったタイミングで開催された講習会を見つけてきて、申し込んでくれました! そしてメンバーを集めたその日の夜にてぃもちゃん、チョコちゃんも入れた4人(講師も入れた5人パーティ)で行くことができました!

講習会には2時間(カスミさんだけ4時間)参加しました。講習会に参加したあと、カスミさんはチームの司令塔役を引き受けると言ってくれました。うん、カスミさんしかいないって思ってました!

・・・講習会が終わったのは夜遅かったので、翌日スパートで

講習で学んだことから作戦を考えてまとめてインターネットでメンバーに共有し

沸き時刻を伝えるための定型文を用意。
わたしは一番役に立たないので、せめてチャットで沸き時刻をアナウンスする係をできればと思い…!

作戦と沸き時間のアナウンス準備ができたら、そのシミュレーションをしに野良戦へ。
あ、タイマーのチャットアナウンスは野良だと嫌がられそうなので、ボタン押す直前で寸止めです。

そしたら・・・

上手くなってました!

メンバーにも恵まれ、1位ばっかり取って帰ってきました。もうこのまま野良でいいんじゃない?ってくらいw 改めて、PSよりも沸き時間管理、作戦に状況判断が大事なんだと強く認識しました!

ちょうど戦士の熟練度もランクⅡに上がり、武器が青色に。これで多少はナメられなくなるかな…?
残った時間は、ひたすらトリニティの攻略サイトを読み漁ってました。

・・・・準備完了!!

その日の夜。わたしがこの地に初めて足を踏み入れて、ちょうど1週間目・・・

アマツカゼまのん分隊、初陣です!
対抗戦は後半、敵はベテラン固定勢だらけ!

まのん
まのん

いっくぞー!!
最高の下剋上を見せてやる!!!



・・・つづくっ☆

↓↓↓ 1日1回押して応援!おねがい♡ ↓↓↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました